2006/12← 12345678910111213141516171819202122232425262728293031→2007/02
+message for you+

最近はSNSの保管場所にしています
ほったらかしでごめんね。

スポンサーサイト  
--/--/-- /--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-) Page top↑

豆大福  
2007/01/31 /23:59
オーラを見る前にグータンを見ていたら、
オーラの開始時間を過ぎてしまった。
でも、おかげで懐かしい和菓子を見る事が出来た。
瑞穂の豆大福である。
佐藤藍子さんのお勧めデザート。

神宮前住人だった頃は、
時々お店に行って一個だけ豆大福を買っていた。
このお店からさらに奥に行ったところに、
当時の行きつけの美容院があったのだ。
目立たない場所なのに、とっても人気があって、
よく、売り切れに泣かされました;;
是非早い時間に行ってみてください。
甘さ控えめ、程良い塩加減。
きっと、癖になるはず。

確か一個200円。
日曜お休みなので気をつけてねん。

スポンサーサイト
映画&TV&舞台&スポーツ Trackback(1) Comment(2) Page top↑

資格取得  
2007/01/30 /23:18
先程、20年ぶりぐらいに鼻血を出した管理人です。こんばんは。
(いや、ホント焦ったって!
 花粉症の鼻水かと思いきや鮮血がぽたりと・・・。)

実は、仕事で資格取得をせねばならなくなりました。
講習受けたらすぐとれる試験じゃなくて、
半年ぐらい勉強して受ける資格だそうです。

資格の名前は「衛生管理者」。

正直面倒くさい・・・。
でも、これ持ってると、事務の転職に有利らしいんですよね。
全然知らなかったんですけど、社員50人以上の事業所には、
1人以上の衛生管理者を置かないといけないらしいんですよ。
で、うちの会社にはそれがいない。

先日、某団体から、
衛生管理者の講習(計五回)の案内が来て、
社長が、「空さんでどう?」と部長に言ったらしく、
部長も自分が受けたくないもんだから、
「前向きに検討してね(ニッコリ)」<「断るなよ」の意
と、私に振ってきた。
でも、その講習トータル約100,000円。
「そんな経費かけて落ちでもしたら!!!」と、
必死こいて他の講習探したら、通信講座のユーキャン発見。
そこなら35,000円で受けられるのです。
というわけで、部長に交渉してとりあえず資料請求をしました。

受けるけどさ・・・。
私が辞めたらどうするんでしょ。
ホントなら、部長が持ってたほうがいい気がするんですが。
まあ、ただで取得できるし、転職に有利だし、
「前向きに」(嫌味)頑張ろうと思います。

仕事&休憩 Trackback(0) Comment(2) Page top↑

幸せのちから/映画  
2007/01/29 /23:35
土曜、用事があって行った草加で、
帰る前に映画を観てきました。
土曜から公開の「幸せのちから」です。
ウィル・スミスの実の息子が息子役と言う事で、
来日した彼を取り巻く日本の報道陣は、
こぞって息子の演技について質問していましたが、
答えるウィル・スミスは、親バカ以外の何者でもありません(笑)
そこがまた好感を持てるのですが^^

映画館は、
初日の初回(この映画館では15:20から初回でした)だというのに、
全然、混雑もしていないし、やたら年齢層が高く、
少々戸惑ってしまいました^^;
小さいとこでしたが、
あれはあれでのんびり観れて良かったかもデス。

ここからは映画を見てない人は開かないでねん★

more↓
映画&TV&舞台&スポーツ Trackback(0) Comment(2) Page top↑

入社したときから思っていたんだけど・・・  
2007/01/25 /00:41
監査役 「君はペコちゃんに似ているよな」
私   「は・・・初めて言われました汗」

似てるだろうか?
個人的には

メガネドラッグ

メガネドラッグの方が似ている気がするが。


仕事&休憩 Trackback(0) Comment(7) Page top↑

レッツ・メイク・エコ!01/シブヤ大学  
2007/01/20 /22:45
原宿駅を降りると、ここ数年「表参道口」からでます。
何故、「竹下口」じゃないか。
そりゃあ、激混みで前に進む事もままならないからです。
でも、そうやって「竹下口」を避けてるうちに、
なんで避けていたか忘れてしまっていた私。
今日の教室は竹下口から出た方が近いなぁ~って、
なんの疑いもせずに竹下口へ。
そして、竹下通り。

こ・・こんな混んでたっけ?(汗)

満員電車の中を歩いてるかのような人混みを、
もみくちゃになりながら通り抜け、
「二度と通るもんか・・」
と誓ったのでありました。
竹下通りなんてもう流行らんだろうと思っていたけど、
未だに凄いのですね・・・。

ま、そんな事はさておき、
本日の授業はケアコミュニティ・原宿の丘で行われました。
旧原宿中学校の校舎を改修し、幼児から高齢者、障害者まで、
地域で生活するすべての人々が集い、支え合える、
地域コミュニティの拠点施設として設立された場所だそうです。
なるほど、外観は学校そのもので、とてもきれいでしたよ。

■レッツ・メイク・エコ!01
~わたしの肩書きは「発電家職人」。~

受付へ行くと、
いつものシブ大スタッフさんが笑顔で迎えてくれました。
すっかり顔なじみとでもいいましょうか(笑)

先生:石橋 直樹
(株式会社Governance Design Laboratory代表)

チャイムと共に入ってきた先生は、
あまり先生という雰囲気のないサラリーマンっぽい人。
でも、

-----------------------
駒澤大学グローバルメディアスタディーズ学部講師。
明治学院大学国際学部非常勤講師。
1996年慶應義塾大学総合政策学部卒業。
1998年同大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了。
2002年同大学院同研究科博士課程単位取得後退学.
同年,同大学同大学院同研究科助手。
2005年,株式会社Governance Design Laboratoryを設立。
データベースシステム、マルチデータベースシステム、
マルチメディアシステムの研究開発に従事。
2006年より同社にてCO2free.jp Project、
2007年よりmamenergy projectと自然エネルギーの普及に関する
プロジェクトを展開中。
ACM、情報処理学会、日本データベース学会各会員.
-----------------------

なんて経歴を見ると、
人には聞いてみなくちゃ分からない歴史があるものだと驚く。

さて、今回の授業はシリーズものの第一弾である。
正直ですね、興奮すると早口になる先生の話は、
前半ほとんど理解できずに過ぎ去ってしまいました。
とにかく、先生の会社では、どんな事をしてきたか。

皆さんご存じの通り、京都議定書発効より、
各国のCO2削減が義務づけられました。
2012年までに日本は-6%が課題です。
が、2005年、なんと+8%。増えてどうする日本。
でも、このところ日本は環境問題を、
心の片隅に置くようになってきているのではないだろうか。
そういう活動を目にする機会が増えたように思うのです。
せっかくだから、
その波に身を任せてみようと私ですら思うようになりました。

先生の会社は、商品を売る事によって、
商品価格の一部をエコに繋げようと取り組んでいます。
例えばTシャツ。購入したお金の一部で、ソーラーパネルを設置。
そこで発電された分は、購入者が発電したのと同じ事になる。
現在、発電するにはCO2が必要になるが、
ソーラーパネルの発電ならCO2は使わない。
よって、CO2を削減した事になるのだ。
おまけに、Tシャツにはシリアルナンバーもついていて、
CO2削減の証明にもなるのだ!

・・・・熱く語ってはみたものの、
上手く説明できなくて歯がゆい(汗)
詳しくはhttp://www.mamenergy.jp/を見てください(爆)

というわけで、帰ってくるなり私も注文しました。
でも、まだ商品は届いていません・・・。
まあ、2人でやってる会社だそうなので、
気長に待とうと思います^^;

シブヤ大学 Trackback(0) Comment(0) Page top↑

あかりのこころ/シブヤ大学  
2007/01/19 /22:35
蕁麻疹騒ぎですっかり書き忘れていた、
先月のシブヤ大学を書こうと思います^^


2006/12/16

■あかりのこころ■
~表参道イルミネーション復活の舞台裏~

原宿キャットストリートから少し入った所、
こぢんまりとしたマンションの一室に教室はありました。
入り口に入ってすぐ左へ曲がると、
真っ正面にライトアップされた飾り。
(インパクト強かったのに、
 植物のアレンジメントだったような・・・
 ぐらいしか覚えてません^^;)
そこを過ぎると沢山のシブ大生がいました。
大きな丸いテーブルに、プロジェクター用のスクリーン。
表参道akariumの模型もありました。
間に合って良かった~とほっと一息。
すぐさま先生は現れました。

先生:面出薫先生(照明デザイナー)

ロマンスグレーにメガネ。
先生は洗練されたお洒落な方でした。
複数の大学の非常勤講師をされてる先生は、
生徒の扱いも手慣れたもので、
堂々とされています。
そうそう、教室の後ろの棚を開けると、
バー顔負けのアルコールが勢揃い。
この部屋で時々飲むみたいです^^
オフィスのような、隠れ家のような・・・
先月のwhite ROOMといい、
おもしろい事をしている大人は、
隠れ家を持っているようだ。

冗談を交えつつ、照明デザイナーの歴史を語ります。
スクリーンには過去に照明に関わった建物が映し出されます。
そして、私の心を奪ったのが、『照明探偵団』。
1990年に発足された照明探偵団は、
街へ繰り出して、山ほどある照明を見て歩く。
見るだけではない。
いただけない照明には「光の犯罪者だ!」と投げかけ、
素晴らしい照明には「光の英雄だ!」と褒め称える。
必要以上に明るすぎるコンビニエンスストアや自販機は、
「光の犯罪者」のようだ。
(でも、暗闇で見つけるとちょっとホッとする私(笑))

さて、表参道akarium。
私が上京した時、表参道のイルミネーションは健在でした。
ロマンチックに彩られた参道は、多くの恋人たちでごった返し、
歩道橋では立ち止まる事さえ出来なかった。
増えに増えた観光客のマナーの悪さも目立っていたこの頃、
地元住民は黙っていませんでした。
数年後、表参道からイルミネーションが消えたのです。

そして、8年後の今年。(正確には去年です^^;)
表参道のイルミネーションは表参道akariumとして復活したのです。
それは、昔の光景からは想像もつかない復活の絵でした。
巨大な行燈が参道に何本も並んでいて、
灯火のような光を放っているのです。
そしてその行燈は、
時として光のリレーを生み出したり、色を変えたり。
ただ、残念なのは、
参道に立ち並ぶSHOPの照明が明るすぎて、
行燈と喧嘩してる印象を受けました。

参道のケヤキを傷つけないよう、
地元の住民の希望をなるべく聞いて実現した今年の復活。
是非、徐々に先生のやりたかった照明を、
もっと全面に出してもらえたらと思います。
次回の表参道akarium、やってほしいな・・・。

シブヤ大学 Trackback(0) Comment(0) Page top↑

本屋が私を呼んでいる  
2007/01/18 /23:39
私の日課は、昼休み本屋に寄る事である。
お昼を買いに出かけた帰り、
会社の入っているビルの、
1Fにある本屋へ必ず立ち寄る。
昨日とさほど変わりのない顔ぶれの本。
なのに、私は毎日本屋を覗く。
どうしてだろう?
何故かはわからないが、本屋は私の癒しの場所だ。
まるで、ガードマンが見回りするように、
同じルートで店内を一巡する。
店員だってきっと私を覚えているだろう。

しかし、お昼を食べる時間を考えると、
せいぜい15分程度しかお店にいられないのが現実。
もっと思う存分・・・。もっと沢山の品揃えを・・・・。
そんな欲求が積もり積もった時、
私は、ふらりと大きな本屋へ吸い込まれるのです。
もちろん、会社帰りの時間ったっぷりの時。

最近で言うと月曜日。

先日、『からくりTV』を見ていたら、
セインが英語で話しかけると、
どこかの地方の市場のおばちゃんが、流暢な英語で返事をした。
おまけに、気の利いた質問を返し、セインを驚かせた。
英語の勉強、何度も挫折してる私は、
雷が直撃したかのようなショックを受けてしまったのでありました。
好きだから勉強したというおばちゃんは、
もっと上手くなりたいけどみたいな事を、英語で言っていた。
凄い。おばちゃん凄いよ。
それに比べて私はいったい!!

で、話は戻って月曜日。
私は英語のテキストのフロアにいました。
NHKラジオのテキスト、ちょっと気になってたんです。
番組のCDも別売りであるって言うし、
マイペースでイチからできるのもいいなぁって。
それと、1ヶ月分(番組3時間分)ずつ買えるから、
モチベーションもリセットできるかも?なんて淡い期待を^^;
ま、三日坊主覚悟で買ってみっかぁ~ってのが本音ですが(笑)
基礎英語1は、4月スタートの1年プログラム。
中1の1学期最初の授業みたいな内容からスタートする。
もう数ヶ月待てば、新しい回が始まるのですが、
そこまで待っていたら、
またやる気がしゅるしゅるとしぼみそうなので、
バックナンバーの昨年4月よりスタートする事にしました。
テキストとCDを手にしてレジへ。
次に向かうは、旅行ガイドブックのフロア。

先日のかもめ食堂のDVDを見てから、
私の心はフィンランド。
行くわけではないけれど、
フィンランドの本を眺めたかったのだ。
あっちをキョロキョロ、こっちをキョロキョロ。
あった!・・・んーでもフィンランドって、
『北欧』ってひとくくりにされていて、
単独の本ってなかなか無いみたい。
ちょっと残念。そこでひとつ思い出す。
「そういえば、もたいまさこ(かもめ食堂出演者)が、
 撮影にまつわるフィンのエッセイを出してたってどこかで読んだ!」
早速、探そうとするが、はて。
どのフロアに行けばよいのだ?
さっぱり見当もつかず、店員に聞いてみる。
そのフロアの責任者っぽい、
TBSアナウンサー安藤氏にちょっと似てるお兄さんが対応してくれた。

私「もたいまさこの書いてる、
  フィンランドのエッセイって何処においてますか?」
安「もたいまさこ。うーん・・(ここで体をよじらせ腕を組み、
  片手を頬に当て悩む彼)かもめ食堂に関するエッセイですよね?」
私「そうそう、かもめ食堂の!」
安「えーーーっと、もたいさんじゃなくて、えっと誰でしたっけ、
  うーん・・・」
私「小林聡美ですか??」
安「じゃなくて・・・」
私「片桐はいり?」
安「そうです!!
  片桐はいりさんの、かもめ食堂のエッセイなら、
  記憶にあるんですけどぉ~(くね)^^;」
私「あ、多分それです(笑)」

私は、片桐はいりが書いた本を、
もたいまさこと記憶チェンジしてしまっていたらしい(汗)
妙に女性らしい動きをする安藤似の店員さんが、
別フロアに案内してくれた。
即購入して、前のフロアに戻る。

今度はカフェ妄想の為の本を眺める。
料理本、カフェガイドブックの棚を行ったり来たり。
ぐるぐる回る。
「お家カフェもいいなぁ。」
「カフェ飯レシピなんてどう?」
「いやあ器とか可愛くないと気分でないよなぁ~」
「あ、このお勧めカフェの本、この間買ったやつの第一弾じゃない」
「紅茶の本・・・紅茶専門カフェってのもステキだなぁ」
「チャイ飲みたいな・・・」
「うはっ、このケーキうまそぉーー」
そんなこんなで、背表紙のタイトルを眺めながら、
思いを巡らせ、思う存分本屋での至福の時を過ごすのだ。



そうか。

私はずらりと並ぶ本のタイトルや、
パラパラめくったページの写真や言葉で、
ゴールのない空想を楽しんでいるのか。
あこがれの自分になるための本を選び、
あこがれの生活を叶えるためのノウハウにわくわくし、
そして、誰に気遣うでもない時間を泳ぐ。
私が本屋を好きな理由はここにあったのだな・・・・

2時間ほどの、本屋での行動を振り返り、
今初めて、答えがわかったのでありました。


つぶやき Trackback(0) Comment(0) Page top↑

お習字  
2007/01/15 /23:42
年明けに書き初めの話題を聞いて、
無性に書道がしたくなりました。
この間、映画の帰りにドンキを覗いたが、
書道セットは売っておらず、
99ショップでバラの用具を見つけたが、
実家から送ってもらおうかと買うのをやめました。
ところが、母は送ってくれず・・・(笑)

2007_0115_225249AA.jpg

しょうがないので、筆ペンと、筆ペン字練習帳を買いました^^
筆ペンにも色々種類がありますが、
私はやっぱり毛筆タイプが好きです。
仕事でも好んで毛筆タイプを常備。
(が、滅多に書く機会がないので飾り状態)
(そして、急に書けといわれて焦るのが常)
丁度、日経WOMANの特集の一部に書道も出ていて、
なんてタイムリーなんだろうと思いました。
ひとり時間に、書に集中するのは、
気持ちを落ち着かせたり、集中力を高めるのではないのでしょうか。
子供の頃は、集中力のかけらもない時間でしたけど(笑)
一冊終わって、少し上手くなったら、
ご褒美に書道セットを購入しようかな^^

学生時代は段まで取ったのに、
やめて15年近く経って、筆からすっかり遠のいてしまい、
もはや、段どころか級すら持っていないような気さえします。
飽きっぽい性格なので、続くかわかりませんが、
気長にのんびり『書』に向き合ってみます・・・。

つぶやき Trackback(0) Comment(0) Page top↑

かもめ食堂/DVD  
2007/01/14 /13:56
昨年から『TSUTAYA DISCAS』に登録していて、
月に何枚かのDVDを観ています。
過去のドラマだったり、見逃してしまった映画など。
観たい映画を20件以上選択しておけば、
二枚ずつ自宅に届くのです。
レンタル屋さんに行く手間が無くて便利です。
ポスト投函で返却できて、返却後すぐに次の二枚がくるし。
月に借りられる枚数は会員の種類によって限度があるんですけどね。
おかげで、私は昨年末から色々な気になる作品を観ています。

そして、先日『かもめ食堂』が届きました。
昨年の三月に公開された映画です。
小林聡美主演のこの作品。
理由は忘れましたが気になっていました。
しかし、公開された頃、私には心の余裕がなかったのですね。
映画館に足を運ぶことなく終わってしまいました。
わくわくしながら、映画鑑賞。
2回も観ちゃいました。

・・・DVDも買ってしまいました^^;


more↓
映画&TV&舞台&スポーツ Trackback(0) Comment(0) Page top↑

武士の一分/映画  
2007/01/07 /23:13
南町田のシネコンに行って来ました。
初めての場所だったのですが、なかなかステキな場所でした。
なにより大好きなフランフランがめちゃくちゃ広かったですから^^
さて、シネコンって言葉にあまり馴染みがなかったんですが、
なかなか便利で、快適ですね~。
チケットさえ押さえれば、席のために並ばなくてもいいし。

more↓
映画&TV&舞台&スポーツ Trackback(1) Comment(0) Page top↑

お正月  
2007/01/01 /22:08
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします^^

さて、元旦早々私がしたことは。
大掃除でございます^^;
年末は体調を崩し、あまり派手に動けなかったので、
体調が戻った今、張り切って大掃除です。

一段落してからは、私流おせちを用意。
重箱なんてないので、色々な器に盛りつけました。
昔ながらのお料理を作るほど、古風ではないので、
田舎から届いたものを詰めたり、簡単なものを用意。
唯一、筑前煮と煮豆だけは時間かけたけど(笑)

2007_0101_223835AA.jpg


これは用意した一部でございます。ちなみにかまぼこは、
夕方やってくる彼がスヌーピー好きなので選びました(笑)

彼がやってきてケーキを頂いた後、初詣に行きました。
今年は近場の花園神社です。
花園神社は酉の市は賑やかで華やかなのですが、
初詣の時はとっても、しっとりしています。
夕闇に浮かぶ提灯と、出店の無い景色は、
新年を静かに受け止めているようで、
気持ちが引き締まります。
おみくじは残念ながら末吉でしたが、
末広がりの年になるよう頑張りたいです。

家に戻って、お料理を食べながら、
健康的な年にしたいなと考えていたワタクシデス。

-----------------------

そういえば、初詣の道すがら、
私の好きな店「空~zora~」で福袋を買いました!
福袋初体験です★

つぶやき Trackback(0) Comment(0) Page top↑

home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。